Google Workspace のよくある質問(申込後)

Google Workspace のご利用者によくいただく質問とその回答です。

Google Workspace の初期設定について

ドメイン所有権の証明とは何ですか?

Google Workspace の利用を開始するには、ドメインの所有権を Google が確認する必要があります。(あなたがドメインの所有者であるかどうかの確認です。)ドメインの所有権が証明されると、Google Workspace のサービスが有効化されます。

ドメイン ホストとは何ですか?調べ方は?

ドメインホストとは、ドメイン名を管理しているインターネット サービスのことです。ドメインホストはドメイン ネーム システム(DNS)レコードを使用して、ドメイン名をメールやウェブサイトなどのウェブサービスと関連付けています。

ドメインホストは専用の検索サービスで検索ができます。下記リンク先で NS(ネームサーバ)を検索してドメインホストを特定することができます。

http://www.cman.jp/network/support/nslookup.html

初期設定を代行してほしいです。

当サイトから Google Workspace の 30日間の無料試用をお申し込みいただいた場合、無償で初期設定の代行を承ります。こちらからご依頼ください。

Google のメールサーバーに切り替えないで使用しても大丈夫でしょうか?

世界最高峰の迷惑メールフィルタや高機能なサーバー設定が可能な Google のメールサーバーをご利用いただくのがおすすめですが、Google Workspace の Gmail を利用しない場合や、組織内の一部ユーザーのみで Google Workspace を利用する場合など、現在のメールサーバーを引き続きご利用されるケースでは Google のメールサーバーに切り替えずに Google Workspace をご利用いただけます。

ユーザーはどの画面から Google Workspace を始めるのが良いですか?

Google Workspace ユーザー用のダッシュボードはこちらになります。

https://workspace.google.com/dashboard

Google 検索画面(https://google.com)や Gmail(https://mail.google.com)など、Google のあらゆるサービス画面からログインが可能です。

Google Workspace のサービス全般について

サポートを希望します。

当サイトからお申し込みいただいた企業様は無償でサポートが受けられます。Google Workspace カスタマーデスクはこちらです。

Google Workspace のシステムの状況は確認できますか?

Google Workspace ステータス ダッシュボードでいつでも Google Workspace サービスのパフォーマンス情報を確認できます。

Google Workspace サービスが正常に動作しません。

Google Workspace のご利用中に画面上の不具合や反応に問題がある場合は、ご使用のブラウザの「キャッシュ」「Cookie」を削除してからブラウザを再起動して、Google Workspace サービスをご利用ください。

Gmail から送ったメールが送信先で迷惑メールに振り分けられます。

SPF 及び DKIM による送信メール認証を設定して第三者によるドメイン メールのなりすましを防ぐことができます。これらを設定することにより、送信先で迷惑メールに振り分けられる確率を減らすことが可能です。

Google Workspace の契約・更新について

支払いを忘れたのでサービスが利用できなくなりました。どうすればよいですか?

当サイトからお送りしています「更新のお知らせ」メールをご確認いただき、ユーザーアカウント料金をお支払いください。ご入金が確認でき次第、Google Workspace アカウントは再開されます。
メールを確認できない場合は、contact@g-workspace.jp まで、「更新ユーザー数」「ご入金予定日」をお知らせください。