キャッチオール アドレスを設定すると、ドメイン内の実在しないメールアドレスに誤って送信されたメールも受信できます。

例えば、過去に使用していたメールアドレス宛に顧客からメールが届く可能性があるとしたら、そのメールを見逃さないようにする必要があるため本設定をおこないます。

1. Google 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで Google 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。
ホームが表示されたら[アプリ]アイコンをクリックします。

アプリ

2. ルーティング設定を追加

アプリの設定画面にて[Google Workspace]をクリックします。

Google Workspace

Google Workspace 設定画面にて[Gmail]をクリックします。

Gmail

Gmail 設定画面にて[ルーティング]をクリックします。

ルーティング

ルーティング設定画面にて「ルーティング」欄の[設定]をクリックします。

ルーティングの設定

3. キャッチオールアドレスを追加

「設定を追加」画面にて設定の説明文を入力し、「1. 影響を受けるメール」は[受信]を選択します。

ルーティング設定

画面を中程までスクロールして、「エンベロープ受信者」欄は[エンベロープ受信を変更する]にチェックを入れ、[ユーザー名を変更する]を選択し、メールを受信するユーザー名(@ より前の部分)を入力します。

エンベロープ受信者を変更する

画面を最下部までスクロールして[オプションを表示]をクリックします。

オプションを表示

オプションを表示して「8. 影響を受けるアカウントの種類」を[認識できない、キャッチオール]を選択して[保存]します。

キャッチオール

4. キャッチオールアドレスの設定を完了する

キャッチオールアドレスの設定が完了しました。設定変更が反映されるまでに、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

キャッチオールアドレス設定の完了

Google Workspace セットアップ&サポート  >  Google Workspace の使い方  >  管理コンソール  >  受信メールを別のユーザーにリダイレクト