Google Workspace の Gmail では、組織内の他のユーザーに自分の Gmail へのアクセス権を付与することができます。Gmail アカウントを他のユーザーに委任することで、委任されたユーザーはあなたのメールボックスを閲覧、メールの送信、削除などを行うことが可能になります。
代表メールや秘書が代行する場合などに有効な機能です。

1. Gmail 設定画面を表示

Gmail 画面右上の[設定(ギア アイコン)]-[すべての設定を表示]をクリックして Gmail の設定画面を表示します。

Gmail 設定

2. Gmail へのアクセス権を付与するユーザーを追加

Gmail 設定画面の[アカウント]タブ内の「アカウントへのアクセスを許可:」セクションにて[別のアカウントを追加]をクリックします。

アクセス権を付与するユーザーを追加

Gmail へのアクセスを許可するユーザーのメールアドレスを入力後、[次のステップ »]をクリックします。

ユーザー名を入力

確認画面が表示されるので、[メールを送信してアクセスを許可]をクリックします。

確認メールを送信

確認のリクエストメールが、アクセスを許可するユーザー宛に送信されました。

確認リクエストの送信が完了

3. アクセス権の承認

アクセスを許可するユーザー宛にアクセス権の承認メールが送信されますので、記載のリクエスト承認 URL をクリックします。

メールからアクセス権の付与を承認

承認の確認画面が表示されるので、[確認]をクリックします。

リクエストの承認を確認

「確認が完了しました」画面が表示されたら[https://mail.google.com]リンクをクリックして Gmail に戻ります。

承認が完了

3. 委任されたユーザーの Gmail にアクセス

Gmail アカウントを委任されたユーザーは、Gmail 画面右上の自分の[Google アカウント]をクリックすると自分に Gmail アカウントへのアクセスを許可したユーザー情報が表示されます。クリックすると、別ウインドウにて他のユーザーの Gmail アカウントが開き、メールの閲覧、送信、削除などを行うことが可能です。

委任されたユーザーの Gmail にアクセス

Google Workspace セットアップ&サポート  >  Google Workspace の使い方  >  Gmail  >  他のユーザーに自分の Gmail へのアクセス権を付与する