Google カレンダーでは特定のユーザーやグループを指定してカレンダーを共有することができます。 

1. カレンダー共有の設定画面を表示

Google カレンダー画面左側のマイカレンダーリストから、共有したいカレンダーにカーソルを合わせるとカレンダー名右側に表示される[︙]をクリックします。

共有するカレンダーを選択

表示されたメニュー内から[設定と共有]をクリックします。

設定と共有

2. カレンダーを共有するユーザーを追加

Google カレンダー設定画面左メニューの[特定のユーザーとの共有]をクリックします。「特定のユーザーとの共有」セクションにて、[ユーザーを追加]をクリックします。

ユーザーを追加

「特定のユーザーと共有」画面の入力ボックスにカレンダーを共有するユーザー名(メールアドレス)を入力し、「権限」項目にて権限を選択し、[送信]をクリックします。

ここでは、カレンダーを共有する相手に 4 種類の権限から最適な権限を選んで設定ができます。

  • 「変更および共有の管理権限」は、スケジュールの編集と、さらにほかのユーザーへの共有設定ができる最高レベルの権限です。チームのリーダーにこの権限を設定して、一括して管理してもらう場合はこの権限に設定します。
  • 「予定の変更」はスケジュールの変更、削除などの編集ができます。管理を任せるスタッフがいる場合には、この権限を設定して共有するのが最適です。
  • 「予定の表示(すべての予定の詳細)」はスケジュールの編集ができず、閲覧のみが可能です。通常はこの権限を利用します。
  • どの時間にスケジュールが入っているかを知らせたいが、何のスケジュールかは見られたくない、という相手には「予定の表示(時間枠のみ、詳細は非表示)」を設定します。この権限で共有された相手は、カレンダーのスケジュールが入っている枠のみが表示され、スケジュールの名前や詳細は見ることができません。
特定のユーザーとの共有

Google カレンダー設定画面の「特定のユーザーとの共有」にユーザーが追加されました。

ユーザーの追加が完了

カレンダー共有を解除

設定したカレンダー共有を取り消すには、カレンダーの設定画面の「特定のユーザーとの共有」セクションで、取り消したいユーザーの名前の右に表示されている[☓]をクリックします。

    カレンダー共有の解除

    3. 共有されたカレンダーを追加

    ここからはカレンダーを共有されたユーザーの操作となります。

    カレンダーを共有されたユーザーには、カレンダーが共有されたことを知らせるメールが配信されます。このメールを開き、メッセージ内の[このカレンダーを追加]リンクをクリックします。

    このカレンダーを追加

    カレンダーを共有されたユーザーの Google カレンダーが開き、「カレンダーを追加」画面が表示されるので[追加]をクリックします。

    カレンダーを追加

    カレンダーを共有されたユーザーの [他のカレンダー]にカレンダーが追加されました。

    共有カレンダーの追加が完了