Google Workspace の管理者は、ユーザーの受信メールの配信先に別のユーザーを追加することができます。

例えば、休職や退職したユーザーに顧客からメールが届く可能性があるとしたら、そのメールを見逃さないようにする必要があるため本設定をおこないます。

1. Google 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで Google 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。
ホームが表示されたら[アプリ]アイコンをクリックします。

2. メール リダイレクトの設定を追加

アプリの設定画面にて[Google Workspace]をクリックします。

Google Workspace 設定画面にて[Gmail]をクリックします。

Gmail 設定画面にて[詳細設定 >>]をクリックします。

メールの詳細設定

メールの詳細設定画面にて「転送」セクションの「受信者アドレスマップ」欄の[設定]ボタンをクリックします。

受信者アドレスマップ

3. 受信メールのマッピングを追加

「設定を追加」画面にて必要に応じて設定の説明文を入力し、1.「どの受信メールを対象にするか」を選択します。次に 2.「元の配信先にもメールを配信するか」を必要に応じてチェックを入れます。3. では、元の配信先と新たな配信先をカンマで区切って(元の配信先),(新たな配信先)の様に入力します。

マッピング例 : sato@abc.com 宛のメールを suzuki@abc.com へ配信する場合、「sato@abc.com,suzuki@abc.com」と入力します。

入力を終えたら[追加]をクリックします。

受信者アドレスマップ

受信メールのマッピングが追加されたのを確認して[設定を追加]をクリックします。

マッピングの追加が完了

4. メール リダイレクトの設定を完了する

「受信者アドレスマップ」に設定が追加されているのを確認して[保存]します。

受信者アドレスマップ

受信者アドレスマップの設定が完了しました。設定変更が反映されるまでに、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

受信者アドレスマップの設定が完了

Google Workspace セットアップ&サポート  >  Google Workspace の使い方  >  管理コンソール  >  受信メールを別のユーザーにリダイレクト